若い職人さんの思うことと、これから先。

運営
運営

GENBA LAb.の武田です。中小ゼネコンで現場監督歴17年、所長歴11年の経験があります。

「建設業は伸び悩んでいる」と思い、2020年8月に会社を辞めて独立起業しました。建設業界全体の後方支援をしていきます。

  • 建設業のデジタル化
  • 生産性を上げる方法
  • 部下の育て方
  • 先輩や職人との接し方
  • 図面の読み方
  • 悩みの解決法

などなど、主に、現場監督目線での配信になります。 上司にとっても若手や新人にとっても、役に立つ配信をどんどんしていきます!

現在職人さんを抱える中小企業の経営者さんの中で、こんな人はいないでしょうか。

○ 職人さんの考えていることがイマイチわからない
○ 職人さんと距離を感じる
○ 昔のように反発してくる人が減ってきて、逆に考えがわからない

私は、現役で現場監督をやっております。今も現場は運営中です。
もちろんさまざまな職人さんとよく喋りますし、興味を持って聞きます。
すると、色々話してくれるんですよね。

近頃の職人さんが思うこと

考え

「昔は良かった」と、経営している人は思うかもしれません。
最近入ってきた若い奴らは、いい時代を知らないから可哀想だと思うかもしれません。

ですが、よく考えてみてください。
皆さんのいう悪い時代しか知らないのですから、昔のいい時代なんて全くわからないのです。

最近の職人さんは言います。
「自慢話をされているようで、ピンと来ない。」
「今と、これから先を語って欲しい」と。

今は情報が溢れている時代です。職人さんの仕事の辛さや、大変さ、不安定さは全部頭で知った上で入ってきているのです。多くを語られなくても、頭にインプットされた状態で入ってきているのです。

だから昔みたいに教えてもらうとか、背中で語るとか、体で覚えろとか、10年早いとか。全部、煩わしいと思っているのです。

もちろん、腕一本でのし上がってきた経営者の皆さんは素晴らしいとは思っています。

ですが、スマホをうまく使いこなせていない経営者さんが若者の気持ちをわからないように、腕一本でのし上がってきた経営者さんの気持ちを、理解できないのです。

まず、それをわかってあげて欲しい。それからだと思います。

インフレの時代なのに、「貯蓄が正しい」と盲信している大人たちがまだ存在しているように、皆さんの時代に正しかったことが、全て正しいとは限らないのです。

重要なキーワードとは

キーワード

「俺のやり方についていけないなら、やめてもらっていい。」
本当にそう思うなら構いませんが、現状を考えてその言葉はなかなかでてきませんよね?

きっと時代が動きすぎて、時代に格差がありすぎて、理解しあえない部分が多くなっているのです。

だったら、聞きましょう。「最近の若いもんは」ではなく。
そして、聞きましょう。「若いもんが生意気に」ではなく。

LINEが普及したのは、メールと電話の【中間】だからです。
スマホが普及したのは、電話とパソコンの【中間】だからです。

男みたいな女。女みたいな男。毛嫌いしていませんか?
男らしく。女らしく。それこそガラパゴス的考えだと気付いて欲しいのです。

今時ハッカーをくるくる。
今時げんのうと釘。
今時口にビスを咥える。

その一方でスマホ、VR。
その一方でドローン、ハイパーループ。
その一方で量子コンピュータ、仮想通貨。

違和感を感じませんか?

きっと若者は「今時」の方に違和感を。
きっと皆さんは「その一方」に違和感を。

変わっちゃいけないものよりも、変わった方がいいものを探して欲しがっています。職人さんも、時代の違和感の中で頑張っているのです。

いつの時代も職人さんはプライドと、技術力で勝負してきました。だから、それを取り戻してあげましょう。技術力では絶対に負けないのですから。最先端ではなくていいのです。

いつの時代も【中間】を欲しがっているのが大衆。ならば今必要とされているのは?
いずれ来るロボットの時代と、今という身体1つの時代の、ちょうど中間にあるもの。

そこが重要なキーワードになるはずです。