職人を救う作戦⑤【建設現場の職人を「伸ばす」戦略~その2】

皆さん、こんにちは!

GENBA LAb.の武田です。中小ゼネコンで現場監督歴17年、所長歴11年の経験があります。

「建設業は伸び悩んでいる」と思い、2020年8月に会社を辞めて独立起業しました。建設業界全体の後方支援をしていきます。

  • 建設業のデジタル化
  • 生産性を上げる方法
  • 部下の育て方
  • 先輩や職人との接し方
  • 図面の読み方
  • 悩みの解決法

などなど、主に、現場監督目線での配信になります。 上司にとっても若手や新人にとっても、役に立つ配信をどんどんしていきます!

職人を救う作戦シリーズの第5段。

前回、職人を「伸ばす」ための戦略、その触りを解説しました。
(参考:職人を救う作戦④【建設現場の職人を「伸ばす」戦略~その1】

今回は、職人を「伸ばす」戦略~その2をお話ししていきたいと思います。

伸ばすこととは、つまり将来の建設業界を背負って立つであろう職人さんに、もっと頑張ってもらえる仕組みづくりのことを指します。具体的には以下の3点です。

1、季節変動の平準化
2、頑張った分の給料をあげられるシステム
3、次世代の育成

安定したい。儲けたい。右腕が欲しい。かいつまむとこんなところでしょうか。この記事では、2番目の「儲けたい」という願望を叶える仕組みを検討していきましょう。

現在の仕組みのどこがダメなのか

建設業は、昨日今日始まったような業界ではなく、大昔から存在しています。きっと大昔は、腕に自信のある者が家を建ててあげ、庶民から感謝の気持ちを物品としてもらっていたのでしょう。

もちろん建て主にすれば、自分では到底できないことをやってのける大工達を尊敬し、感謝してそれ相応の対価をあげていたに違いありません。その頃の考え方は、「生きるために働く」ということが当然でした。

そこから「お金」という概念が生まれ、社会が豊かになるにつれ、いつしか「お金をもらうために働く」というものに変わりました。生きることイコールお金をもらうことと錯覚し、お金が一番偉くなりました。こっちは客だぞ!と、怒鳴る人まで現れる世の中です。

本来はできないことをやってあげるのだから、お金をもらうのは当然という、対等な立場であったはずなのですが。家を建てる側ではなく、建ててもらう側が強いという、なんともヘンテコな社会の中で、だんだんと主従関係は崩壊していきました。

気がつけば、建てる側が安く抑えることができ、建ててあげる側の賃金が下がりはじめます。

技術の安売りはマズイという考えもあったのでしょうが、一度誰かが安く建てれば、それよりも安く建てる人が現れる。給料は下がるが、仕事がなくなるよりはマシだからです。

お金は回すことに価値があると固く信じ、安くてもいい仕事をするという男気が生まれ、ここに建設業界のデフレスパイラルは完成しました。

そして談合を全面的に「悪」とする世の中になってからは、地方で仲良くやっていた小さな会社さえも「悪」とみなされてその渦に巻き込まれていきます。

競争こそ健全である、という当たり前と思われる常識は、非常識な給料として跳ね返ってきました。そもそも高すぎる、と思える建物の金額とは、その実は全て人間の給料なのです。

働く人、材料を作る人、原料を作る人、原材料を採る人、使う機械を作る人、その機械の材料を作る人、などなど。スタート地点にある「地球」という資源にお金を払ってない以上、金額は全て給料の集合体に他なりません。

その金額を安くすること。その影響力がいかほどのことかは、考えずともわかるでしょう。つまり、本来他の人が到底できない仕事をやってのけるからこそ、そこに対価が生まれるのは当然のスジ。

そして需要に釣り合わない人数の少なさは、希少性という大いなる価値を生み出して当然。今の対価は、何をどう転んでも、安すぎるのです。

明暗を分ける3要素。衣食住。

卑弥呼の時代からから、人間そのものは大きく変わってはいません。衣服を着て、食物を食べ、家に住みます。

衣食住という3要素は、いつの時代も変わらない概念です。そしてこれからも。変わったことといえば、それは文化が発展したことでしょうか。

文化の発展は、生活を随分と楽にしてきました。どこにも行かなくても、大抵のものが手に入ります。服も、食べ物も。

機械により大量生産が可能となり、安価に、良いものを安定して作ることが可能になりました。服も、食べ物も。

お気付きになりましたか?そうなんです。衣食住の3要素の中で、規模の全く違うものがあります。

それは「住」です。

衣服も食料も、生産する場所と消費する場所が、必ずしも一致しなくても良いもの。だからこそ大量生産も、安定供給も簡単にできるのです。これに対して、建物は違います。

建物は、生産する場所と消費する場所が必ず一致します。世界中どこにいても手に入るというものでは無いのです。同じような歴史を辿っているようで、その他の2業界とそもそも違うのです。

それゆえ、インターネットがどんなに発達しようとも、物流がどんなに画期的になろうとも。やっぱり建物を建てる為には、まず土を掘ります。そして基礎を作って埋める。そこから始まらなければいけません。

地産地消を推奨しなければ散財してしまう!と危惧する必要はありません。なぜなら、材料こそ大量生産ができるとはいえ、それを現地で造りあげる職人さんは、地産地消にしかならないのです。

つまり建設業は、一か所にとどまって良いものではなく、全国に満遍なく必要とされます。そこに人が生きている限り、間違いなく必要なのです。

生産性をあげる、3つの方法

今回の記事の趣旨から少しズレてしまっている気がしますか?職人さんを伸ばす、の会でしたね。そんな時代背景を踏まえて、知って欲しかったのは、つまりこういうことです。

○ 廃れるわけにいかない
○ 助けを待ってても来ない

これが言いたかったのです。

限られた人数の中で、多くの仕事をこなさなければいけないのが現実です。そして、その打開策とは。その答えはとてもシンプルなものです。

仕事量は減らない。職人さんは増えない。そして、職人さんを儲けさせたい。

職人さんの数を分母に、仕事量を分子にすると1を超えてしまう現状を打開する。1以下にする魔法。それは、職人さんの数に1以上の係数をかけてあげることで分母が大きくなります。

つまり、職人さんを伸ばすこと。それは、生産性を上げるという方法です。

1人工の職人さんが、例えば2人工分の仕事ができれば、いいじゃないですか。そんな簡単に言うなよ、とお思いですか?

生産性を上げれるとすれば、いくつかの方法があります。それは・・・

1 ロボット化する
2 画期的な工法を使う
3 職人をパワーアップする

少しバカっぽく見えるかもしれません。確かに少し前までは、ドラえもんの世界でしかなかったように思います。でも、IT化が進んできた現在の世の中においては、決して非現実的な話ではなくなってきたのです。

「どこでもドア」は近い将来現実的になるでしょう。その根拠は「量子テレポーテーション」という技術の研究が進んできているから。物質は近い将来、一瞬で遠くに転送することが可能になるということです。ね?現実的でしょ?

とは言え、そこまでの最先端技術を使わなくても、もっともっと簡単にこの3つの内のどれかを実現することは可能です。そしてアイデアはそれだけではありません。

単純な話、この3つのどれかに当てはめれば、職人さんの2人工化は可能でしょう。そして生産性をあげると何が起こるか。賃金が上がっていくということです。これは必然です。

まとめ

今回の結論としては、生産性をあげる3つの方法が鍵を握りそうですね。

このどれかが、私はすぐにでも実現可能だと考えます。そして具体策も提案していきます。職人さんの生産性を上げて、伸ばしましょう。

少しの投資で、大きなリターンを得ようじゃないですか。そして職人さんはカッコいいと、世間に知らしめましょう。次回から、3つの戦略の実現可能性について検証していきたいと思います。

大丈夫。建設業の未来は明るい!