【現場監督】仕事のやりがいを生み出すテクニック【ポジション取りの大切さ】

「仕事のやりがいを生み出そう」の見出し画像

現場ラボの武田です。今回は仕事のやりがいを生み出すテクニックについてのお話をさせていただきます。

結論からお伝えすると、自分のポジションをしっかり取ることで仕事にはやりがいが生まれます。

仕事ができたり、仕事が楽しいと思っている人はポジションを明確に持っているのです。

この記事を書いた人

武田祐樹(たけだひろき)

総合建設業に17年在職し、官民問わず数多くの実績を積む。

現在はオンラインを中心に活動し、中小企業デジタル化応援隊事業(中小企業庁)のIT専門家としても活動。YOUTUBEや音声配信、インスタグラムなどで情報発信を行い、電子書籍出版やオンライン講師、オンラインセミナー活動も積極的に行う。

保有資格

  • 1級建築士
  • 1級建築施工管理技士
  • 1級土木施工管理技士

建設現場生産性向上サポート
HT RaisePLAN 代表 

目次

ポジションとは?

ポジションとは自分の中の明確な立ち位置のことをいいます。

自分が会社においてどういう役割を担っているのか明確に見えているのかということです。特技がなくても、仕事ができなくてもポジション取りは可能です。

ポジションがあると自分がやりたいことが明確に見え、次に何をやろうかと楽しくなるのです。このポジションが仕事を楽しくできるかできないかの分かれ目になります。

皆さん学生時代を思い出してください。

クラスの中に全然目立たないポジションの人はいませんでしたか?その人が学校祭実行委員になり、活動し始めた瞬間に生き生きとしやる気満々になる人はいませんか?

学校祭実行委員という明確なポジションを与えられた瞬間に自分がやらなければいけないことが見えてきて、責任感が生まれ楽しさが出てきたのです。

これが仕事のポジション取りが重要だと言われる理由になるわけです。

新人は「新人である」というそのものがポジション取りになるのです。なぜなら、今から自分は新人になろうと思っても新人にはなれないからです。つまりは、唯一無二のポジションなのです。何もできない新人にもしっかりとポジションが存在します。

わかりやすいのは、会社にいる時はものすごく静かで優しい人が現場に出ると急にスイッチが入り性格が変わってしまう人です。現場に出ると現場代理人や所長という偉いポジションになり、自分のポジションがしっかりしているからです。

ポジションのタイプ

ポジションの種類を2つ説明します。

良い方向のポジション取り

例えばパソコンがすごく得意というポジションを持っている人がいたとしましょう。パソコンで困ったときにこの人に聞けば間違いなくわかるということになります。

パソコンが得意というポジション取りをした結果、全員からパソコンに関して頼られるのです。この人がいなくなってしまうと会社でパソコンに詳しい人がいなくて困ってしまう事態になるのです。

自分がいないと困る状態は自分の存在価値がすごく高いものだと思いませんか?

良くない方向のポジション取り

その人に頼ることはないかもしれないが期待に答える事があるのです。そういう人がいるからこそ出来る人が際立つことになります。それに明確なポジションがあるので話しかけやすいのです。

「仕事ができない人」と明確には分かっていると、どのように話しかければいいのかこちらもわかります。

ポジションは「良い方向のポジション取り」が好ましいですが、悪い方だったとしても会社という組織には必要な部分なのです。

ポジションの取り方

ポジションを取ろうと思い取っているわけではない人がいます。

自然と周りに人が集まるタイプの人です。自然と自分の中でポジションを取れる人なのです。

そうではない人は意図的に作り出していかなければいけません。

ポジションは自分で考え、このポジションを取りに行こうと意図して作ることができるのです。それができたらやりがいを自分から作り出すということになりますよね。

ちなみに僕はそのポジションを自分から取りにいきました。僕がとったポジションは2つです。

  • 1つ目は頭がいいポジション。

会社では僕よりも頭のいい人はいっぱいいます。ですが、頭がいいという認識が明確にある人はそんなにいません。自分で頭がいいと前面に出していくのです。

どうでもいいような雑学的もすらっと答えることができればそのポジションは取りやすいのです。知識を幅広く持っている頭のいい人というポジションを取りにいったわけです。いろんな場面で自分を頼ってくれる環境を作り出すことができるのです。

  • 2つ目はよく喋る人というポジション。

いろんな話術を自ら学びしっかりと作り出すことで自分のポジションを獲得してきました。

このように打算的にポジションを取りにいってほしいのです。

例えば今現在デジタル化が流行っています。新しいソフトを導入してみますとか新しい機械を入れてみますという状況。周りが不安になっているなか密かに勉強するわけです。

導入した際、こうやって使うのですとさらっと言えるとデジタル化に詳しい人というポジションを獲得できるのです。今この時代においてはいくらでもポジションを取りにいくことができます。

ポジション取りのコツ

ポジション取りのコツを2つお話しします。

必ず演じ切りましょう

ポジションを取りに行くためには、必ず演じ切りましょう。途中で面倒くさいなどの理由でやらなくなった場合、頼られなくなってしまいます。自分の立ち位置・役割を決めたのであれば、それを勝ち得るために軸をぶらさないように行動してください。

皆さんのやっている仕事の業界に近いものを選定しましょう!

できることなら、今やっている仕事の業界に関連するポジションを取りに行ってください。

仕事に全く関係のないポジションを取りにいった場合、社内での影響力が少ない可能性があります。それではやりがいには繋がりません。

取りに行くポジションの選定は大切です。

まとめ

自分のポジションが確立してくると会社の中での立ち位置が決まってきます。自分がいないと困るようなポジションを自ら取りに行くのです。

それは小さな分野でも構いません。ちょっとした分野でその特化したものを見つけましょう。打算的にどこにポジションを取りに行くのか明確にし、勉強をし、アピールしていきましょう。

それにより、仕事にやりがいや責任感が増し、仕事が楽しくなっていくのです、

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次