【建設業】建設現場のジェネレーションギャップ【理解すればおもしろい】

運営
運営

GENBA Lab.の武田です。中小ゼネコンで現場監督歴17年、所長歴11年の経験があります。

建設業界をもっと働きやすい場所にするために現場効率化事業をスタート。発信活動にも力を入れています。

  • 建設業のデジタル化
  • 生産性を上げる方法
  • 部下の育て方
  • 先輩や職人との接し方
  • 図面の読み方
  • 悩みの解決法

などなど、主に、現場監督目線での配信になります。
上司にとっても若手や新人にとっても、役に立つ配信をどんどんしていきます!

世代間ギャップを乗り越えよ!

若者とベテランとの間でどうしても分かり合えない部分、「世代間ギャップ」というもの、ありますよね。育ってきた時代や環境が全然違うので、当然基本的な価値観は変わってきます。「おもしろい」「美しい」と思う感覚にもズレが生じてくるため、共通の話をしていても、全然盛り上がらないことも良くあります。

若者にはベテランの気持ちはわかりません。
ベテランには若者の気持ちはわかりません。

なかなか相容れない部分の多いこの2者ですが、今回は、そんな二つの世代がお互いに理解し合えるように、その特性をお話ししてみたいと思います。

・ベテラン社員【方程式って、一体いつ使うんだ?】
・若手社員【方程式なんて、覚える必要なくない?】

この2つの大きな違い、わかるでしょうか?

この非常に短い2つの文で、世代間ギャップが表現されています。どちらが良いとか、どちらがダメと言うつもりはありませんので、そのつもりで読んでください。

ベテラン社員【方程式って、一体いつ使うんだ?】

ベテラン社員の生きてきた背景には、戦後復興から根強く続く「実直こそ正しい道」という精神が垣間見えます。みんなで力を合わせ、1つの目標に突き進む文化がこの世界有数の経済大国を作ってきたように、一致団結することが何よりも大切でした。

協調性や調和を大切にしており、誰かが抜きに出ていくより、みんなが同じ力で戦うというスタイルです。他がやっていることは、自分がやらない訳にはいかないという、ある種の同調圧力が種族を強くしてきたようにも感じます。

もちろん教育においても同じで、先生のいう事は正しく、学ぶことにおいても「教えられたことは覚えていく」のスタイルが確立していました。「聖職者」と呼んでいた事も特徴的です。

結果として、社会に出て働くことになってから【方程式って、一体いつ使うんだ?】と疑問に感じることがあります。これがベテラン社員の時代背景です。

若手社員【方程式なんて、覚える必要なくない?】

若手社員の時代背景はどうでしょうか。

高度経済成長も落ち着き、充分に豊かになりました。「生きるため」ではなく、「楽しむため」に働く時代。インターネットが庶民に普及していき、新聞やテレビ、家族や先生以外からも「正しい情報」が簡単に手に入る、いわゆる情報化社会を生きてきました。

そんな彼らは、周りと同じことではなく、違うことを好む「個性」を大切にする価値観を持ちます。YOUTUBEなどはそれを加速させ、昨日見たドラマの話をして盛り上がるなんていうこともほとんどなくなりました。

いつでもどこからでも、スマホを使って検索することが常識。覚えた知識を引き出す事よりも、ネットに転がっている正解をすばやく見つけ出す事で正解に辿り着きます。つまり学校で勉強をして頭に定着させることに対する価値が薄れていっているとも考えられます。

そんなネット社会を生き抜く若者は思います。

【方程式なんて、覚える必要なくない?】そりゃそうですよね。スマホに聞けば、勝手に答えを教えてくれるわけですから。最先端テクノロジーが、いつもポケットの中にいることを知っているからです。

まとめ

まとめ

ベテラン社員がガラケーからスマホに移行する時、使い方がわからず四苦八苦している姿をよく見かけます。それゆえ、まだガラケーを使っている人も少なくありません。高度な建築技術が高い人ですら、扱いが難しいものがスマホなわけです。

ちなみに、若者はそのスマホで「遊んで」います。・・・分かりますか?

これが時代の差であり、価値観の差であり、相容れない部分なのだと感じます。

ベテランが一生懸命覚えている物を使って、若者は遊び道具としていたずらをしている状況。これこそが世代間ギャップであり、お互いに理解しなければいけない「壁」なのだと思います。

この先の社会を見通した時、どちらがどちらに歩み寄り、学ぶべきなのかをしっかりと見定め、素早く行動を起こしてほしいと感じます。