施工管理から独立起業を考える前にやっておくべき準備

施工管理から独立起業を考える前にやっておくべきこと

「施工管理の仕事を辞めて、自分の会社を立ち上げたいと思っていませんか?」

このような夢を持つ皆さん、その夢を現実に変えるための具体的なステップについて、今日はお話ししようと思います。私自身、建設業界で17年間施工管理として働いた後、独立して企業を立ち上げ、今は4年目に突入しています。個人事業主から株式会社への変遷を経験し、今は会社の社長として、従業員は私一人という状況で仕事をしています。

今回は、施工管理をやめて独立する前に何をすべきか、私の実体験に基づいた意見を共有したいと思います。現在は副業ブームや起業ブームが広がっていますが、ただ単に「嫌だから辞める」というわけではありません。将来に備えて、今から準備すべきことについてお伝えします。この記事は、「急に辞めるべきだ」というテーマではなく、成功するための準備について、高い志を持つ皆さんに向けて書きました。

また、なぜ私がこの話をしているのか、疑問に思うかもしれません。実は、YouTubeを始めた当初は不安定な状態でしたが、時間が経つにつれて重要な記憶や経験を形として残す必要性を感じてきました。それが、今日のこの話の理由です。最後まで読んでいただけると幸いです。

【この記事から学べること】建設業界での施工管理から独立し、自分の会社を立ち上げるための実践的なステップと必要な準備

この記事を書いた人
腕組みをする運営者

株式会社 RaisePLAN 代表取締役

武田 祐樹(たけだ ひろき)

【これまでの活動】

  • 総合建設業に17年在職後、独立起業。
  • 建設現場の生産性向上支援や施工管理の教育支援を展開。
  • 中小企業デジタル化応援隊事業(中小企業庁)のIT専門家。
  • YouTube音声配信Instagramなどで情報発信を行い、電子書籍の出版やオンライン講師、オンラインセミナー活動に積極的に取り組む。
  • 建設業の現場効率化の仕掛け人としてAbemaPrimeに出演(2023年3月)。
目次

自分の仕事を守るためのスキル:独立に向けた準備

独立を考えている方々へ、今から始めるべき重要な準備についてお話ししましょう。

早めの資格取得が鍵です。 会社を辞めた後、あなたを支えるのは「会社の名前」ではなく、「個人のスキル」です。独立すると、「〇〇会社の武田」という看板がなくなり、「武田」としての個人の価値が問われます。この時、資格があなたの強みとなり、自分を守る盾になり得ます。

資格は専門性と信頼性を示します。 在籍している業界で資格を取得することは、その業界における専門性と信頼性の証明になります。仮に独立後に「この仕事は合わない」と感じた場合でも、資格は再就職の際の強みとなり、安心感を提供します。

目指すべきは最高峰の資格。 例えば、施工管理の分野では「一級施工管理技士」、建築分野では「一級建築士」のように、各分野の最高峰の資格を目指すことが重要です。これらの資格は確かに難しいですが、取得することで、業務能力の高さを示すと共に、自己ブランディングにも大きく寄与します。

資格取得は独立後の忙しさに備えるためにも必要です。 起業を目指す場合、時間が限られてくるため、できるだけ早く資格を取得することが勧められます。資格を持つことは、業界内でのあなたの立ち位置を強化し、独立後の成功への道を拓きます。

独立への道は簡単ではありませんが、適切な準備をすれば、成功への可能性を大いに高めることができます。

財政的な準備:独立への資金戦略

独立に向けた財政的な準備は、事業成功の重要な柱の一つです。以下のポイントを考慮しましょう。

最低3年間の生活費を確保することが必要です。 事業を始めた当初は収入が安定しない可能性が高いです。したがって、少なくとも3年間は収入がなくても生活できるだけの貯蓄を準備することが重要です。これは、ビジネスが軌道に乗るまでの「安全ネット」となります。

貯蓄額は生活状況によって異なります。 たとえば、独身であれば年間約250万円が最低限の生活費と考えられます。2人であれば、これよりも多少増えるでしょう。これを基に、3年間で必要な貯蓄額を算出します。例えば、独身の場合は約750万円、夫婦であれば900万円以上を目安にします。

企業経営に必要な予算も考慮する必要があります。 事業を始めるための初期投資も重要です。事業にかかる予算が1000万円であれば、これに加えて生活費のための貯蓄も必要です。したがって、総額でその分以上の資金を確保することが望ましいです。

退職金などの資金源も活用しましょう。 退職金やその他の資金源も活用できる場合は、それらを含めて財政計画を立てることが賢明です。

このように、独立するためには、ただ技術や経験だけでなく、十分な財政計画も必要となります。事業を成功させるためには、財政的な準備が不可欠です。

副業での収入:独立前の準備戦略

独立に向けて、副業を通じた収入の確保とスキルアップが非常に重要です。以下はそのための具体的な戦略です。

月に20万円以上を副業で稼ぐ目標を設定しましょう。 独立前に副業から安定した収入を得ることは、経済的な安心感をもたらすだけでなく、事業が軌道に乗るまでの時間を確保するのに役立ちます。

自分で顧客を獲得するスキルを磨くことが重要です。 副業を通じて、顧客を自ら見つけ、関係を築く能力を養うことは、独立後のビジネスに直接役立ちます。このスキルは、副業を成功させる鍵であり、独立後もその価値は計り知れません。

副業はビジネススキルを向上させる場でもあります。 安定した収入を得ることが主な目的であっても、副業は新しいビジネスアイデアを試す機会を提供します。これは、独立後の事業展開においても有効な戦略となり得ます。

副業を通じて実績を積み重ねましょう。 自分のスキルやアイデアを市場で試し、実績を作ることは、信頼性と経験を構築するのに役立ちます。これらは独立後のビジネスで大きなアドバンテージとなります。

独立に向けて副業を活用することは、単に収入を補うだけではなく、将来のビジネス成功のための重要なステップです。副業を通じて、ビジネススキルを磨き、経済的な基盤を強化しましょう。

情報発信のネタの準備:独立に向けたコンテンツ戦略

独立に向けての準備では、情報発信の重要性も見逃せません。以下のポイントを押さえましょう。

100個以上の情報発信ネタを事前に用意することが重要です。 独立後、定期的に新しいコンテンツを提供する必要があります。事前に多くのネタを準備しておくことで、ネタ切れに悩まされることなく、継続的な情報発信が可能になります。

情報発信は自己ブランディングやビジネスの広告に非常に効果的です。 定期的かつ魅力的なコンテンツを発信することで、自身の専門性をアピールし、信頼性を築くことができます。これは、新しい顧客を引き付ける効果的な方法です。

ネタ切れは情報発信の継続を困難にします。 常に新鮮で関心を引く情報を発信するためには、幅広いアイデアや情報を常備しておく必要があります。これには業界の最新動向、個人的な経験、学んだ教訓などが含まれます。

準備はサラリーマン時代から始めるべきです。 独立起業への準備は、実際に独立する前に始めることが重要です。これにより、独立後すぐにビジネスを進めるための基盤を築くことができます。

独立して成功するためには、顧客を獲得し、収入を安定させるための準備が不可欠です。情報発信のネタの準備は、その重要な一部となります。事前の準備と継続的な情報発信により、独立後の成功につなげましょう。

まとめ

今回、自分の仕事を守るためのスキル、財政的な準備、副業からの収入、そして情報発信のネタの準備など、成功に向けた具体的なステップをご紹介しました。これらの準備は、独立への道を確実なものにし、将来の成功へと導くための基盤となります。

独立はまさに一大冒険であり、その成功には計画的かつ戦略的な準備が不可欠です。目指す道は簡単ではありませんが、適切な準備と決意があれば、夢を現実に変えることができます。皆さんの成功への道のりが、この記事を通じて少しでも明確になったことを願っています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次