【人材開発支援助成金とは】教育研修は国の助成金を活用すべし

「【人材開発支援助成金とは】教育研修は国の助成金を活用すべし」の見出し画像

ビジネスの世界において、助成金はしばしば未活用の貴重なリソースとなっています。今回の記事では、「人材開発支援助成金」に焦点を当て、企業活動における助成金の重要性と、その活用方法について詳しく掘り下げていきます。国から提供されるこの助成金は、適切に理解し活用することで、企業にとって大きな恩恵をもたらします。

現在、多くの企業や個人が助成金の存在や利用方法を十分に理解していないために、この重要な資源を活用しきれていません。この記事では、助成金の基本情報を明確にし、どのようにしてこれをビジネスに活かすことができるのかを解説します。読者の皆さんがこの記事を通して助成金の利点を理解し、自身のビジネスにおけるその活用を検討するきっかけになれば幸いです。

この記事を書いた人

腕組みをする運営者

株式会社 RaisePLAN 代表取締役

武田 祐樹(たけだ ひろき)

【これまでの活動】

  • 総合建設業に17年在職後、独立起業。
  • 建設現場の生産性向上支援や施工管理の教育支援を展開。
  • 中小企業デジタル化応援隊事業(中小企業庁)のIT専門家。
  • YouTube音声配信Instagramメールマガジンなどで情報発信を行い、電子書籍の出版やオンライン講師、オンラインセミナー活動に積極的に取り組む。
  • 建設業の現場効率化の仕掛け人としてAbemaPrimeに出演(2023年3月)。
目次

人材開発支援助成金とは?

本記事では人材開発支援女性金」という助成金制度についてお伝えします。この制度は厚生労働省から提供され、研修やスキルアップ活動に対して資金を補助してくれます。会社内で研修を行っている場合や、研修制度を設けていない企業でも、この助成金の申請が可能です。特に研修制度がない場合、上司を説得するための強力な材料となり得ます。

この人材開発支援の助成金は、社員教育にかかる費用の一部を負担してくれる制度です。例えば、社員5人が研修に参加する場合、その費用が10万円や20万円に上ることもあり、これらの費用が助成金によってカバーされることがあります。これは企業の成長にとって重要な支援となります。

さらに、助成金と補助金の違いについても触れておきます。補助金は資金提供の制度ですが、審査や合否の基準が存在し、受け取るかどうかが不確定要素となります。一方で、助成金は一定の条件を満たせば基本的に受け取れる制度で、よりアクセスしやすいものです。人材開発支援助成金は雇用保険を基にしており、会社が納めた税金から資金が供給されるため、納めた税金を有効に活用する機会とも言えます。

助成金について知らないと損をする可能性が高いため、企業は積極的にこの機会を活用することが推奨されます。助成金の詳細や申請方法を理解し、企業の成長と従業員のスキルアップに役立てましょう。

人材開発支援助成金は、厚生労働省が提供する制度で、企業が従業員の教育にかかるコストの一部を国が負担するものです。この助成金は、補助金と異なり、一定の条件を満たせば基本的には利用可能です。つまり、企業が条件をクリアしていれば、助成金を受け取ることができます。

助成金の条件

この助成金を受け取るための条件について解説します。

まず、助成金の対象となるトレーニング形式はOFFJT(オフ・ジョブ・トレーニング)です。これはOJT(オン・ジョブ・トレーニング)とは対照的な概念です。OJTは実際の職務を行いながら教育を受けるもので、実務の中でスキルや知識を身につけます。一方、OFFJTは仕事から離れた環境で行われる教育形態です。具体的には、外部の講師が指導を行う研修セミナーや、オフィス外やリモートで実施される学習プログラムがこれに該当します。

次に、訓練時間が10時間以上必要という条件です。これは、短期間で集中的に学習する場合でも、複数日にわたって実施される長期研修でも、総訓練時間が10時間を超えることが求められます。例えば、1日4時間の研修を3日間行う場合、合計12時間の訓練時間となり、この条件を満たします。

助成金の活用例

助成金の支給額に関する詳細について説明します。

まず、助成金が研修費用の45%をカバーするという点です。これは、研修にかかる費用が高額になる場合でも、国からの助成により一定の負担軽減が期待できることを意味します。例えば、研修費用が100万円の場合、45万円が助成されるということになります。この支給は一括ではなく、研修を受ける複数の社員ごとに、それぞれの費用に応じて行われます。これにより、企業は研修の実施に際してより柔軟な計画を立てることが可能になります。

次に、経費助成と賃金助成の概念についてです。経費助成は研修にかかる直接的な費用(例えば、講師の料金、教材費用など)を対象とします。一方、賃金助成は研修期間中に発生する間接的なコスト、特に仕事ができないために生じる損失をカバーするものです。これは、労働時間に応じた金額が支給されるため、研修期間中にも社員の生活を支えるための重要な機能を果たします。

研修の種類についても触れておく価値があります。例えば、現場ラボが提供するオンライン研修であるで「新入社員スキルアップ研修」や、「主任実践力向上研修」なども、人材開発支援助成金の対象になる可能性があります。これにより、企業はさまざまな形式の研修を検討し、それらを実施する際の財政的なサポートを受けることができます。

実際に、助成金を活用することにより、研修費用の60%以上をカバーすることが可能になる場合もあります。このように高い割合で助成金が支給されると、企業にとって非常に魅力的な支援となります。このため、研修を検討している企業は、助成金の申請を真剣に考える価値があります。

しかし、ここで注意すべき点として、助成金に関する情報は常に更新される可能性があるため、最新の情報を得るためには、厚生労働省のウェブサイトや地元の労働局に問い合わせることが重要です。これにより、正確かつ最新の情報に基づいて、助成金の申請や活用計画を進めることができます。

助成金に関する内容はこちらからどうぞ。
※厚生労働省 人材開発支援助成金(特定訓練コース・一般訓練コース)のご案内を参照

まとめ

この記事を通じて、人材開発支援助成金が企業の人材育成戦略においていかに重要な役割を果たすかを詳しく見てきました。企業がこの助成金を活用することにより、従業員のスキルアップに必要な費用を効果的に抑えることが可能となり、それによって企業の競争力を高めることができます。

この記事の中心となるポイントは、助成金が受け取れる条件を満たす限り、企業や団体は原則としてこの支援を利用できるということでした。助成金や補助金の活用は、研修プログラムの実施に関わる費用の負担を軽減し、企業にとって質の高い研修をより多くの従業員に提供する機会を提供します。これは、従業員のスキルアップと企業の競争力強化に直接寄与します。

最終的に、助成金の正しい理解と活用は、企業が新しい技術を導入し、従業員の能力を向上させ、ビジネスの成長と持続可能性を確保するための重要なステップです。この記事が、助成金を最大限活用し、ビジネスをさらなる高みへと導くための一助となれば幸いです。

現場ラボが提供する教育研修サービス「新入社員スキルアップ研修」と「主任実践力向上研修」も人材開発支援助成金の対象です。
>>お気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次